東京卍リベンジャーズ時系列年表まとめ!1980年から2008年まで完全網羅!過去改変後の現代についても解説!

【東リベ】東京卍リベンジャーズの第1話でタケミチがタイムリープしてからの時系列をまとめます。

過去や現代の出来事が二転三転する為、わかりづらいところもありますが

こちらの記事の年表で確認していきましょう。※随時加筆修正していく予定です。

東京卍リベンジャーズの最新話までの時系列を完全網羅している為、ネタバレ注意です

  • 東京卍リベンジャーズのタイムリープが時系列でわかる
  • 過去の出来事である1980年〜2005年までも時系列でわかる
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ時系列年表まとめ!1980年から2008年まで網羅!過去改変後の現代についても解説!

東京卍リベンジャーズのその他の考察記事は下記バナーをクリック

スポンサーリンク

1980年〜2004年まで

佐野真一郎が生まれた1980年から2004年までの時系列は下記ページで確認できます。

関連記事

東京卍リベンジャーズの時系列年表です。 佐野真一郎が生まれた1980年から稀咲と半間が出会う 2005年7月までの時系列となります。 こちらの年表は随時編集していきます。 物語の始まる2005年7月以降の時系列につい[…]

スポンサーリンク

タイムリープ1回目

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2017年7月1日 橘日向(26)橘直人(25)死亡    
2017年7月4日 タケミチがJR新宿駅のホームから
何者かに突き落とされ、12年前にタイムリープ。
   
1回目のタイムリープで過去へ
日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年7月4日   溝中五人衆にいるところにタイムリープ。
溝中2年vs渋谷中2年でケンカするつもりが、
3年が出てきて惨敗。
ヒナの家に行きヒナに会う。
帰宅途中、公園でナオトに会い
2017年7月1日にヒナとナオトが死ぬと告げて握手。現代へ。
 
1回目のタイムリープ後の現代
日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2017年7月6日 タケミチ、ナオトの家で東京卍會について学ぶ。
タイムリープのトリガーや条件がわかる。
2005年8月にマイキーと稀咲が出会っていたことがわかる。(最初の出会いは2005年7月8日)
マイキーと稀咲の出会いを阻止するために、タケミチが過去へ。
  ナオトが生きていて、刑事に。

1回目のタイムリープ後の現代では、死んだはずの橘直人が生きており、刑事になっていました。

作品冒頭でナオトが死ぬニュースが流れた時点ではタケミチはタイムリープしていないので、

過去に戻りナオトに未来を伝えた事でナオトは生き残り、タイムリープのトリガーとなりました。

スポンサーリンク

タイムリープ2回目

2回目のタイムリープで過去へ

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年7月6日   タケミチ、キヨマサ主催のケンカ賭博で、殴られて気絶。
その後キヨマサにバットで殴打される。
帰宅途中、ヒナに会う。
 
2005年7月7日   山本タクヤがケンカ賭博に参加するはずが、タケミチvsキヨマサの戦いに。
途中でマイキーとドラケンが現れ、タケミチを気に入る。
 
2005年7月8日   授業中にマイキーとドラケンがやってきて、タケミチを連れて外へ。
タケミチが帰る途中に稀咲とすれ違う。
 
2005年7月?日   タケミチ、ヒナの家で勉強。
屋上で花火を見ている時にナオトの手を握ってしまい、現代へ。
 
2回目のタイムリープ後の現代
日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      千堂敦が東京卍會の幹部になっていた。
2005年8月3日、東京卍會内部抗争の末、ドラケンが死亡していた。
2017年7月?日 タケミチ、千堂敦に会い、ドラケンが死んだことを知る。
千堂は飛び降り自殺。
   
2017年7月19日 12年前の8.3抗争で、ドラケンの命を救うためにタイムリープ。    

2回目のタイムリープ後の現代では、タケミチの親友のアッくんが東卍の幹部になっていました。

ただドラケンは東卍の内部抗争で死亡しており、そのことが東卍凶悪化の原因になっていました。

スポンサーリンク

タイムリープ3回目

3回目のタイムリープで過去へ

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年7月19日   タケミチ、佐野エマと初対面後、東京卍會の集会に参加。
東京卍會は8月3日に愛美愛主と戦うことを決議。
 
2005年7月20日   マイキーとドラケンがパーちんの幼馴染の彼女の入院先にお見舞いに。「下げる頭持ってなくてもいい。人を想う心は持て」タケミチ、愛美愛主を調べるために現代へ。  
3回目のタイムリープ後の現代
日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      変わった事なし
2017年7月20日 現代に戻ったタケミチは愛美愛主の総長だった長内が現在どこにいるのか、ナオトに調べさせる。    
2017年7月?日 愛美愛主の総長だった長内に会い、8.3抗争は何者かの策略であったことを知る。    

3回目のタイムリープ後の現代では、変わったところは特になし。

愛美愛主の元総長・長内は、現代で建設作業員として働いていました。

[affi id=20]

タイムリープ4回目

4回目のタイムリープで過去へ(〜第30話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年7月?日   千堂敦の自転車の後部座席へタイムリープ。  
同日   タケミチ、東京卍會の幹部会に行くと、愛美愛主の長内が隊員を多数連れて現れる。
マイキーが長内を倒し、東京卍會が愛美愛主を吸収するが、パーちんが長内を刺し、逮捕される。
 
同日   タケミチ、逃走中に気絶して入院。  
2005年7月?日   タケミチ、入院中に東京卍會がマイキー派とドラケン派で内部分裂していることを知る。  
2005年8月1日   タケミチ、マイキーとドラケンを仲直りさせる  
2005年8月3日   8.3抗争当日  
同日   タケミチ、ヒナとともに武蔵祭りへ。
キヨマサとぺーやんがドラケンを狙っていることを知る。
 
同日   乱闘中、キヨマサがドラケンを刺す。
刺されたドラケンをタケミチが病院へ。
ドラケン、手術を受け、一命を取り留める。
 
2005年8月10日   タケミチ、ドラケンのお見舞いに行き、ドラケンから特攻服をもらう。
タケミチ、ヒナにネックレスを渡し、現代へ。
 
4回目のタイムリープ後の現代(第30話〜第36話)
日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      ヒナは生存しており小学校教員に。
千堂敦は美容師に。
稀咲に命じられ殺人を犯したドラケンが死刑囚になっていた。
2017年8月10日 タケミチ、ヒナに会い、ナオトの車で海下公園へ。
ヒナが乗る車に千堂の車が突っ込み炎上、2人とも死亡。
   
2017年8月?日 タケミチ、ヒナの葬儀に参列。    
2017年10月20日 タケミチ、ナオトとともに死刑囚のドラケンに面会。    
同日 タケミチ、東京卍會のトップになるためにタイムリープ。    

4回目のタイムリープでタケミチはドラケンの命を救い、ミッション達成。

現代に戻るとヒナは生きていましたが、8月10日に殺されてしまいます。

また稀咲の指示で殺人を犯したドラケンは、死刑囚として東京拘置所に収監されていました。

タイムリープ5回目

5回目のタイムリープで過去へ(第36話〜第47話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年10月20日   タケミチ、銭湯にタイムリープ。  
同日   東京卍會参番隊隊長就任式で、稀咲が参番隊隊長に就任。
場地圭介、東京卍會を脱退し、芭流覇羅加入を宣言。
 
同日   タケミチ、東京卍會に加入し、弐番隊へ。  
2005年10月24日   羽宮一虎がタケミチを連れて、芭流覇羅のアジトへ。
場地の踏み絵が行われ、芭流覇羅加入が認められる。
 
同日   芭流覇羅、1週間後に東京卍會と戦うと宣言。  
2005年10月25日   タケミチ、松野千冬と出会い、行動を共にするようになる。  
2005年10月?日   タケミチ、千冬が愛美愛主の総長だった長内に会い、稀咲のことを聞く。  

5回目のタイムリープ後の現代(第47話〜第49話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2017年10月29日 タケミチ、ドラケンに面会。
「血のハロウィン」でマイキーが一虎を殺し、稀咲が身代わりを出頭させたことを知る。
マイキーに一虎を殺させないために、タケミチ過去へ。
  特になし

5回目のタイムリープでは、マイキーが2005年10月31日に一虎を殺し、

稀咲がマイキーの身代わりを出頭させたことで、マイキーが闇堕ちしてしまったことがわかります。

タケミチは、マイキーに殺人を犯させないために6回目のタイムリープをします。

スポンサーリンク

タイムリープ6回目

6回目のタイムリープで過去へ(第49話〜第70話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年10月29日   ヒナの家の前にタイムリープし、ヒナからネックレスをプレゼントされる。  
2005年10月30日   タケミチ、千冬が場地と面会。
東京卍會集会で、場地を取り戻すために戦うことを決める。
 
2005年10月31日   血のハロウィン当日  
同日   場地死亡(自決)。
場地を刺した一虎は逮捕。
 
2005年11月14日   千冬、場地の墓参り。
タケミチ、ドラケンが東京鑑別所で一虎と面会。懲役10年以上?
タケミチ、ドラケンの家が風俗店だと知る。
 
同日   タケミチ、マイキーとエマが異母兄弟であることを知る。
ドラケンがエマに誕生日プレゼント(エマの誕生日は11月25日)
 
2005年11月15日or16日   タケミチ、三ツ谷隆に特攻服を仕立ててもらう。翌日は集会。  
2005年11月16日or17日   東京卍會集会。血のハロウィンの総決算。
タケミチ、壱番隊隊長に。
芭流覇羅が東京卍會の傘下に入ることが決定。
 
2005年11月18日   直人の家に行き現代にタイムリープ  

アニメ23話にて日付の誤植(東京卍會の集会日が11月15日と明記)がありましたが、

一虎の面会から集会までの時系列で辻褄が合わないため、正確には上記時系列となります。

6回目のタイムリープ後の現代(第71話〜第77話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      8月10日、ヒナはタケミチの指示で殺されていた。
タケミチ、パーちん、ムーチョ、河田ナホヤ、ぺーやん、柴八戒、イヌピー、ココ、半間が東京卍會幹部に。
稀咲は総長代理に。
三ツ谷は数ヶ月前から行方不明。
マイキーが東京卍會旧メンバーの粛清を始めた。
2017年11月18日 東京卍會幹部円卓会。
タケミチと千冬が稀咲に連れられ別室へ。
稀咲が千冬を殺害。稀咲涙して「オレのヒーロー」発言。
タケミチも殺そうとするが、タケミチは羽宮一虎に助けられる。
   
同日 パーちんとぺーやんがマイキーの指示で殺される。    
2017年11月19日 タケミチはヒナ殺害の罪で、ナオトに逮捕される。
タケミチが取調室からタイムリープ。
   

6回目のタイムリープ後の現代では大きな変化がありました。

タケミチの指示でヒナが殺されていましたし、東卍の初期メンバーの多くが幹部になっていました。

でも闇堕ちしたマイキーの指示で、東卍初期メンバーは次々と殺されていきます。

ナオトに逮捕されたタケミチは、過去を変えるために7回目のタイムリープをします。

スポンサーリンク

タイムリープ7回目

7回目のタイムリープで過去へ(第77話〜第114話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2005年11月19日   ヒナとボーリング中にタイムリープ。
柴八戒・柴柚葉と出会う。
 
同日   タケミチ、柴八戒の自宅に行く途中に柴大寿と遭遇し交戦。
柴八戒が東京卍會を脱退し、10代目黒龍加入を決意。
 
2005年11月21日   溝中五人衆と千冬がタケミチのお見舞いに。
タケミチ、千冬にタイムリープしていることを話す。
 
2005年11月23日   東京卍會幹部会議で、柴八戒を引き止めるため、柴大寿と交渉することを決議。  
同日   三ツ谷が柴大寿と話し合い、和平成立。  
2005年11月?日   タケミチと千冬が柴大寿を倒すために、稀咲、半間と手を組む。
柴大寿は12月25日に単独行動することを知る。
 
2005年12月17日   タケミチ、ヒナから稀咲と同じ塾に通っていたことを聞く。  
2005年12月?日   タケミチ、ヒナの父親からヒナと別れるよう言われる。  
2005年12月24日   タケミチ、ヒナをふる。  
同日   タケミチ、千冬、稀咲、半間が集まり、翌日の作戦会議。  
2005年12月25日   聖夜決戦当日  
同日   柴大寿を倒す。  
同日   タケミチ、ヒナと仲直り。  
2005年12月26日   イヌピーがマイキーに、黒龍は東卍の傘下になると説明、11代目黒龍総長にタケミチを指名する。  
2005年12月31日   初詣へ。  
2006年1月?日   東京卍會集会でイヌピーとココが壱番隊の傘下に。稀咲が東卍を追放される。  
2006年1月10日   タケミチ、マイキーからバイク(バブ)をプレゼントされる。
みんなと記念写真を撮り、タケミチは現代へ。
 

7回目のタイムリープ後の現代(第114話〜第119話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      ヒナは死亡。
マイキーが東京卍會主要メンバーを殺害していた。
フィリピンのマイキーからタケミチに手紙が送られていた。
2018年1月10日 三ツ谷隆の葬儀中にタイムリープ。
タケミチ、自宅アパートでナオトに会う。
   
2018年1月20日 タケミチがフィリピンのマニラでマイキーに会うが、マイキーはナオトに射殺される。    

7回目のタイムリープ後の現代でもヒナは死亡していました。

マイキーも闇堕ちしており、トーマンの主要メンバーを殺していました。

マイキーもナオトに撃たれて死んだため、タケミチは8回目のタイムリープで過去に行きます。

スポンサーリンク

タイムリープ8回目

8回目のタイムリープで過去へ(第120話〜第130話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2006年1月?日   タケミチ、雨の公園にタイムリープして、千冬と会う。  
2006年1月?日   稀咲と半間が天竺の黒川イザナと面会し、天竺入り。
稀咲は天竺総参謀に就任。
 
2006年1月?日   天竺メンバーが渋谷に乗り込む。新宿で三ツ谷がやられる。
河田ナホヤ、河田ソウヤ、千冬、タケミチが横浜の天竺のアジトへ。鶴蝶と出会う。
 
2006年1月?日   東京卍會緊急集会開催。
天竺の主力がS62世代であることが判明。
タケミチ、ナオトに会うために現代へ
 

8回目のタイムリープ後の現代(第131話〜第134話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      特になし
2018年1月?日 タケミチ、ナオトに会う。その後、柴大寿を訪ね、天竺結成の経緯を聞く。    
同日 ナオトが稀咲に、タケミチが鶴蝶に撃たれる。
タケミチは死ぬ直前にタイムリープ。この後ナオトは死亡。
   

ナオトが現代で撃たれてしまい、現代に戻る事が出来なくなったタケミチ。

過去にタイムリープしたタケミチは天竺と稀咲を止める事ができるのでしょうか。

スポンサーリンク

タイムリープ9回目

9回目のタイムリープで過去へ(第135話〜第192話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2006年1月?日   夜中、公園にナオトを呼び出す。握手しても戻れない為、現代のナオトの死を確認。
タケミチ、ヒナにタイムリープのことを話してしまう。
 
2006年1月?日   タケミチ、ドラケンがマイキー家を訪問。
黒川イザナとエマが異母兄妹であることがわかる(実際に血の繋がりはない)。
 
2006年1月?日   タケミチの自宅に伍番隊隊長のムーチョが訪問し、タケミチを拉致。  
同日   ムーチョがタケミチ、ココ、イヌピーを拷問。
ムーチョが天竺に寝返っており、ココを天竺に加入させる。
 
2006年1月?日   タケミチ、黒龍11代目総長になると決意。  
2006年2月21日   東京卍會集会。イヌピーが東卍壱番隊隊員に。(黒龍11代目副総長と兼任)  
2006年2月22日   関東事変当日  
同日   稀咲がエマを殺害。  
同日   東京卍會vs天竺の関東事変勃発。
黒川イザナ死亡。
 
同日   稀咲が逃亡するが、タケミチに追い詰められ、稀咲がトラックに轢かれ死亡。半間は逃亡。  
2006年2月24日   横浜天竺の幹部たちが少年鑑別所へ。鑑別所内で寺野南に全員倒される。  
2006年2月?日   タケミチが鶴蝶の見舞いに。  
2006年2月?日   エマの葬儀。  
2006年2月?日   タケミチ、河原で千冬との会話で稀咲はタイムリーパーでない事と、もっと話し合いたかったと泣きながら吐露。  
2006年3月8日   タケミチ、マイキーへタイムリープした今までの説明をする。東京卍會解散。  
2006年3月15日   タイムカプセルを埋める。開けるのは12年後の6月19日(東卍結成日)。  
2006年3月17日   ホワイトデーを忘れていたタケミチがタイムトラベルドキドキ大作戦(T2D2大作戦)。タケミチ、ヒナにプロポーズ。現代へタイムリープ。  
2006年7月?日   鑑別所から出所したムーチョが三途に殺される。  
2007年
  寺野南が出所、六破羅単代が設立される  

9回目のタイムリープ後の現代(第192話〜第204話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
      東卍主要メンバーが全員生きている。パーちんは不動産屋を受け継ぎ、幼なじみと結婚。ペーやんはパーちんの側近。三ツ谷は駆け出しのデザイナー。八戒は海外でトップモデル、柚葉はマネージャー。河田兄弟はラーメン屋「双悪」を経営。千冬はペットショップオーナー、一虎はその手伝い。ドラケンとイヌピーはバイク屋を経営。
2018年3月17日 パーちんの結婚式にタイムリープ。タイムリープした事を知っているヒナ、千冬、ドラケンから感謝される。    
同日 ヒナから三ヶ月後の6月に結婚する事を伝えられる。    
2018年3月18日 タケミチ、三ツ谷にタキシードを仕立ててもらう。    
2018年3月?日 TVのニュースにて梵天の存在とイザナによく似たマイキーの存在を知る。    
2018年3月?日 マイキーに真相を聞く為、過去に戻ろうとナオトと握手をするもタイムリープ出来ない。    
2018年6月19日 タケミチ、アッくんの美容室で散髪中、八戒からタイムカプセルを開けようと電話を受ける。    
同日夜 タイムカプセルを開ける。タケミチ宛てのビデオテープを見つける。    
2018年6月20日 当時4歳のマイキーなどが映るホームビデオにマイキーからのメッセージが。黒い衝動について説明される。    
2018年6月28日? 数日後ヒナの着付けを見に行く。そこでマイキーに会いに行く事を決意。    
2018年6月29日? 着付けを見た翌日?結婚式の3日前、宇多川ボールにてマイキーと会う。マイキーに撃たれる。    
同日 ヒナのネックレスが切れる。    
同日 マイキーが飛び降り自殺を図ろうとするのをタケミチが助ける。マイキーの助けに応え、手を掴んだ瞬間10年前、2008年6月にタイムリープする。    

ついにヒナが生きている未来に到達。みんなが生きている未来でしたがマイキーの黒い衝動について知る。

マイキーの苦しみを知ったタケミチはマイキーを助けたいと願い、もう一度タイムリープを図るも

ナオトはヒナが生きている事でトリガーの役目を終えてしまっており、タイムリープが出来ません。

なんとか現代のマイキーに会うも拳銃で撃たれ、その後自殺しようとするマイキーを死に物狂いで助けます。

マイキーが涙ながらに助けを求め、手を掴んだ瞬間、10年前の2008年にタイムリープしてしまいます。

ここからついに、最終章がはじまります。

スポンサーリンク

タイムリープ10回目

2018年のタイムカプセルを開けて以降、数日後や結婚式3日前など
明確に日付を描写していない為、現時点では正確な日時がわかりません。

これはメタ的な考え方となりますが結婚式の予定日としては
2018年6月26日(大安)2018年6月29日(友引)
もしくは2018年6月30日(土)かもしれません。

過去の2008年では朝に目覚めているので上記の翌朝となるでしょう。
つまり2008年の6月24(火)か6月27日(金)6月28日(土)となりますが
2008年にタイムリープして現在平日を3日過ごしているので
6月27日(金)6月28日(土)ではない事がわかります。

※2021年8月21日追記
2018年の6月20日の数日後と2008年の7月7日からの時系列を逆算し
ある程度の日時のあたりをつけました。
2018年6月29日(夜)から2008年6月30日(朝)にタイムリープしたと仮説。

よって結婚式の予定日は7月2日と予測。
(7月1日がヒナの最初の命日なので日付ズレの可能性あり)


わかり次第加筆修正します。

【日付メモ】
2018年
6月23日(土)24日(日)
6月25日(月)26日(火)27日(水)28日(木)29日(金)
6月30日(土)

2008年
6月23日(月)24日(火)25日(水)26日(木)27日(金)
28日(土)29日(日)
6月30日(月)7月1日(火)7月2日(水)7月3日(木)7月4日(金)
7月5日(土)7月6日(日)

\ 31日以内に解約で無料!! /
東京卍リベンジャーズを無料で読む

10回目のタイムリープで過去へ(第205話〜第話)

日時 現代の出来事 過去の出来事 改変後
2008年6月?日   半間が稀咲の墓前に現れる。死神と道化について。 マイキーとの握手で2008年にタイムリープ。タケミチは高2。
2008年6月?日   東京湾からムーチョの白骨死体が見つかる。  
2008年6月30日?
(TL1日目)
  朝、起きると高校生になっている事を知る。千冬にタイムリープしてきた事を伝える。
関東卍會になったマイキーが過去に来たタケミチを察知する。「来たか…タケミっち」
 
同日
(TL1日目)
  三天時代になった説明を山岸から受ける。
ヒナに現代で死んでしまった事を伝える。
その日の帰り道、ヒナの前で佐野万次郎をぶっ飛ばす宣言。
 
2008年7月1日?
(TL2日目)
  パーちん、ペーやん、三ツ矢に会う。
ドラケンからバイクを直してもらう。
六覇羅単代、梵に遭遇。
タケミチ佐野万次郎をぶっ飛ばす宣言。
梵のメンバーになる。
 
2008年7月2日?
(TL3日目)
  タケミチが瓦城千咒と原宿で待ち合わせ。明司武臣と三途春千夜と瓦城千咒(明司千壽)が三兄弟と判明。千咒が血まみれで倒れているビジョンを見る。  
2008年7月?日   タケミチがドラケンの家に。新しいビジョンを見る。(血まみれの自分=トマトジュースが掛かる自分)  
2008年7月7日   梵(ブラフマン)の集会。  
同日夜   瓦城千咒に再びデートに誘われる。遊園地でタケミチが襲われるがドラケンがそれを庇って三発の銃弾を受け、死亡する。
ドラケンの死によって三天戦争が勃発してしまう。
 
2008年7月14日   三天戦争(予定)  

随時加筆修正します。

東京卍リベンジャーズの最新刊を無料で読む方法はコチラ!!
【電子書籍】東京卍リベンジャーズ最新刊を今すぐ無料で読む方法!

東京卍リベンジャーズのその他の考察記事は下記バナーをクリック

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!